【セミナー開催】「自分に『いいね!』ができるようになるなるセミナー」のお知らせ

2017年11月16日

「自分に『いいね!』ができるようになる本」の著者で、
東京メンタルヘルス・カウンセリングセンター長の玉井による無料セミナーを
このほど開催することとなりました。

本セミナー「自分に『いいね!』ができるようになるなるセミナー」では、
“「頑張っても評価されない」「メンタル不調になる」原因を理解し、
仕事の成果の上げ方、成果を評価につなげる伝え方を解説します。
また、高まる仕事のストレスに対処するストレスの耐性を高めるために、
ストレスに対する考え方や行動など様々なアプローチ方法を紹介します。”(以上、引用)

ご興味・ご関心をお持ちの方は、どうぞふるってご参加ください。

◆日 程
平成29年12月19日(火)18:30~20:30
<仕事で成果を出し評価されるには>
1. 頑張っているのに評価されないのは何故か
2. 決められた時間で成果を出す方法
3. 成果の見せ方や自分の状況の伝え方

同年12月22日(金)18:30~20:30
<仕事のストレスと対処法>
1. 仕事におけるストレスの現状
2. 自分の考え方・行動パターンを把握する
3. 肯定的な考え方を身につける
4. ポジティブ・シェアリングの使い方

◆会 場
東京都八王子労政会館(最寄駅:京王八王子)
(八王子市明神町3-5-1)

◆料 金
受講料:無料

◆申込方法
下記申込書PDFに必要事項をご記入の上、ご提出頂くか、
下記お申込先(外部リンク:TOKYO はたらくネットサイト)の[申込方法]に従って、お申込み下さい。

◆お問い合わせ
お問合せにつきましては、
東京都労働相談情報センター事業普及課(tel:03-5211-2209)まで、直接お問い合わせ下さい。

【申込書PDF】(外部リンク:TOKYO はたらくネット)
http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/seminarform/pdf/seminar-zchuo-000784.pdf?dummy=20171116152839

【お申込先】(外部リンク:TOKYO はたらくネット)
http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/seminarform/index/detail?kanri_bango=seminar-zchuo-000784

メンタルヘルス通信 No.87のお知らせ

2017年11月13日

メンタルヘルス通信 No.87のお知らせ

今号のメンタルヘルス通信は、連載企画『スマホ依存・ネット依存・ゲーム依存』の第3回、
テーマは「ネット依存の原因は心のスキマ」です。
ネット依存の解決への道筋を見通すには、その依存の原因を理解することが重要です。

依存にまで至らなくても、ついスマホを手に取ってしまう心当たりのある方にも、
参考になる内容と思いますので、お役立て頂ければと思います。

メンタルヘルス通信は、イントラネットへの掲載やプリントアウトしての配布など、
従業員の皆様へのメンタルヘルス啓発活動などにご活用ください。

メンタルヘルス通信No.87(PDF)

(再掲)市民公開シンポジウムのお知らせ(日本精神保健社会学会)

2017年11月1日

弊社代表(武藤清栄)が副会長を務めている「日本精神保健社会学会」において、
市民公開シンポジウムが本年11/23(木・祝)に開催されます。
下記の詳細ご案内をご覧の上、ご興味をお持ちの方は、ぜひご参加ください。

——————————————————————————————————-
市民公開シンポジウム
「市民のレジリエンスを高める社会 ~身体の芯があたたまる関係を築く~」のお知らせ

レジリエンス(回復力)とは、逆境(ストレス)を克服する経験によって強化され、穏やかさ、寛容さ、明るさ、自信、優しさ、勇気などの環境への許容力からなる。それは、他者肯定感や自己肯定感を無自覚に生み出し、体の芯からあたたかい関係をつくりだす。
では、そのような関係はどのような社会から生み出されるのだろうか。
このテーマや今日の社会のあり方についてご関心のある方は奮ってご参加ください。

【シンポジスト】
   いじめへの対応、スクールソーシャルワーカーの立場から    荒巻 りか 氏

   ガンサバイバーの立場から                  松崎 素子 氏

  LGBTの立場から                     中山 玲子 氏

   ※ファシリテーター  筑波大学名誉教授  宗像 恒次 氏

日 時    2017年11月23日(木)勤労感謝の日
       13:40~16:30(13:30~受付開始)

場 所    筑波大学 東京キャンパス 1階119号室
       地下鉄「茗荷谷」駅から徒歩3分

参加費    一般  3000円
       学生  2000円

主 催    日本精神保健社会学会

後 援    ヘルスカウンセリング学会          東京メンタルヘルス
       筑波大学発SDS情動認知行動療法研究所   関東心理相談員会

問い合わせ先   日本精神保健社会学 事務局
         宇都宮市豊郷台1-1
         帝京大学 宇都宮キャンパス 滝澤 武 研究室内
         TEL(FAX)  028-627-7188

申込方法     シンポジウム案内チラシをダウンロード頂き、裏面の申込用紙に必要事項を記入の上、
         日本精神保健社会学会事務局宛にFAXをお送り下さい。

         【ダウンロード】:シンポジウム案内チラシ(PDF)

「スクールコンケア」やチャットカウンセリング活用などによる、「いじめ⾃殺・不登校ゼロプロジェクト」の寄付募集開始について

2017年10月16日

特定非営利活動法人東京メンタルヘルス・スクエア(東京都豊島区 代表理事:武藤清栄)は、
いじめの予兆を捉えるアプリ「スクールコンケア」やチャットカウンセリングの活用などによる
「いじめ自殺・不登校ゼロプロジェクト」を推進するため、本日10月16日より寄付の募集を開始します。

※同プロジェクトは、株式会社コンケア(東京都豊島区 代表取締役社長:石田有)、
 東京メンタルヘルス株式会社(東京都豊島区 代表取締役社長:武藤清栄)との共同プロジェクトです。

―― 「いじめ自殺・不登校ゼロプロジェクト」の概要

「いじめ自殺・不登校ゼロプロジェクト」は、
子どもたちへの、教育・見守り・相談の3つの取組みにより、
不登校ゼロ・いじめ自殺ゼロ・卒業後のひきこもりゼロを目指すプロジェクトです。

各取組について、「教育」では、ストレスコントロールなど複数の教育プログラムを実践し、
いじめ発生率の減少とSOS発信率の向上を目指します。

「見守り」では、タブレットアプリ(アプリ名:コンケア)を活用します。
コンケアを通じて、出席と同時にその日の気分マークを記録。出席簿と気分推移グラフを同時生成します。
日々の蓄積データから児童生徒の「気分の落ち込み」を検知すると、
スクールカウンセラーや養護教諭をはじめとした専門家など、事前設定した関係者にメール報知されます。
この「見守り」により、いじめの早期発見・早期対処を実現して参ります。

「相談」では、従来の電話相談や対面相談に加えて、チャット相談(SNSカウンセリング)を新設し、
子どもたちからの悩みに耳を傾け、気持ちに寄り添いながら、いじめ解消などに向けて
カウンセラーと学校で連携します

―― 寄付募集概要

いじめや人間関係のトラブルは、時に深刻化し悪循環に陥ると、不登校やいじめ自殺、
卒業後のひきこもりへと繋がってしまいます。
こうしたトラブルの早期発見・早期解消を実現するために、
私たちは「いじめ自殺・不登校ゼロプロジェクト」を立ち上げました。
このプロジェクトはチームメンバーの無償奉仕で支えられていますが、
学校や教育委員会への活動交通費、研修費、設備費、広報・事務費などで、
年間多額の運営費が必要となります。何卒ご支援の程、よろしくお願い申し上げます。

・寄付募集開始時期:本日10月16日より
・寄付方法:
◆オンライン(右記リンクよりお手続き願います) https://japangiving.jp//campaigns/33653
◆ゆうちょ銀行
銀行番号:9900   支店名:〇一八   口座番号:2909447
口座名義:特定非営利活動法人東京メンタルへルススクエア

◎プレスリリースのPDF版はこちら

【本件 に関するお問い合わせ先】
特定非営利活動法人東京メンタルヘルス・スクエア
〒171-0021 東京都豊島区⻄池袋2-39-8 ローズベイ池袋ビル3階
【Email】office@npo-tms.or.jp 【URL】http://www.npo-tms.or.jp/
【TEL】03-5944-8455 担当︓事業局 武藤、今成

メンタルヘルス通信 No.86のお知らせ

2017年10月12日

メンタルヘルス通信 No.86のお知らせ

今号のメンタルヘルス通信は、連載企画『スマホ依存・ネット依存・ゲーム依存』の第2回、
テーマは「ホントに怖くなってきたネット依存」です。
本稿では、そもそも依存症とは何か? そしてネット依存とは何かについてのポイントをお伝えしています。

メンタルヘルス通信は、イントラネットへの掲載やプリントアウトしての配布など、
従業員の皆様へのメンタルヘルス啓発活動などにご活用ください。

メンタルヘルス通信No.86(PDF)

【無料セミナー】第2回「ストレスチェックを実施して分かったこと、受検者からのご意見から次回への課題と対策を探る」

2017年09月28日

昨年、第1回目が実施されたストレスチェック制度。義務化により、やってみたけれど大変苦慮した担当者様も多かったのではないでしょうか。2回目を実施するにあたり、昨年実施して見えてきた課題と対応を考え、よりよい運用と活用を考えていくことも必要かと思われます。

今セミナーでは、講師が所属する、東京メンタルヘルス㈱で請け負った、96の会社・団体、25,849名のストレスチェックの受検者で、自由記述欄に記入をいただいた、3,167件の意見を項目別にまとめ、この意見からみえてきた課題と対応策を考えます。

※同業他社の方につきましては、受講をお断りさせて頂いております。

開催日時2017/11/08(水) 14:00 ~ 15:30(受付13:30~)
会場名東京メンタルヘルス株式会社 研修室4階
住 所東京都豊島区西池袋2-39-8 ローズベイ池袋ビル4階
受講費無料
講 師横島 彰
㈱ソーシャルネットワークス

百貨店人事部にて17年に渡り勤務。人事労務、採用、能力開発、秘書、お客様相談室を担当。企業内研修のインストラクター担当時には、新入社員研修、階層別研修、コミュニケーション研修、クレーム対応研修、ギフトアドバイザー養成研修、派遣社員への入店時マナー研修を担当。
退社後は人事総務部門向けに、新人マナー研修、コミュニケーション研修、クレーム・クレーマー対応研修など企業研修のインストラクターや採用支援を行っている。また、近年は心理カウンセラーとして、企業のメンタルヘルス対策のコンサルタントや各種メンタルヘルス研修、休職・復職者のサポートを行っている。
プログラム
[時間] 14:00 ~ 15:30(受付13:30~)
1.振り返り、ストレスチェック制度とは
2.振り返り、嘱託産業医とのかかわり
3.ストレスチェック実施状況<96の会社・団体(受検者25,849名)の分析結果>
4.ストレスチェックの自由記述欄(3,167件)から受検者のストレスの原因を分析
5.受検者の意見から見えてきた課題とストレスチェック制度を有効に機能させる対策
6.質疑応答

[時間] -

このセミナーに参加を申し込む

メンタルヘルス通信 No.85のお知らせ

2017年09月11日

メンタルヘルス通信 No.85のお知らせ

今号からのメンタルヘルス通信は、
『スマホ依存・ネット依存・ゲーム依存』をテーマに、連載企画にてお届けします。
第1回目となる今号は、「1日でどのくらいスマホ、見てますか?」です。
近年、ネットやスマホへの依存が問題となっていますが、本稿ではその実例をご紹介します。

メンタルヘルス通信は、イントラネットへの掲載やプリントアウトしての配布など、
従業員の皆様へのメンタルヘルス啓発活動などにご活用ください。

メンタルヘルス通信No.85(PDF)

スクールコンケアの紹介記事が、『教育新聞』に掲載されました

2017年09月8日

弊社では、法人・団体向けサービスとして、
「職場のコンディションマネジメントサービス『コンケア』」をご提供しておりますが、
学校・教育機関にてご利用頂けるよう、「スクールコンケア」の試験導入を進めています。

この度、モニタリングでご協力頂いている平方中学校校長の大西様に、
校内での取り組みの様子を、『教育新聞』のコラムにてご紹介頂きました。

記事では、
「いじめや不登校傾向で悩む子供の心を、教師のリアルな観察とともに、
 こうしたICTを活用した客観的データの両面から素早く察知できることは、大変意義がある」
「教職員の出退勤とメンタルヘルスの両方を管理でき、有効であると実感している」
との評価も頂いております。

教育新聞社様コンケアご紹介記事
※出典 『教育新聞』2017年9月7日, 5面「教育実践面」
     記事名:「チーム学校」構築論 ~SNSでつなぐ教育の場~
     ご執筆:埼玉県越谷市立平方中学校校長 大西久雄様(転載許可済)

「これから始めるストレスチェック制度セミナー」(盛況裡に終了)

2017年08月21日

2015年12月に施行された改正労働安全衛生法に伴う、ストレスチェック義務化から1年あまり。
1回目のストレスチェックを無事に終えられた事業者様も多いところと思いますが、
業務引継ぎ等で、初めてご担当となられる方もいらっしゃると思います。

これまでにご好評頂いております、ストレスチェック無料セミナー
「これから始めるストレスチェック制度セミナー」を追加開催いたします。

制度の概要を簡単に振り返るとともに、
計画立案から労基署への報告書提出までの実施ステップごとにポイントを解説致します。
また、セミナー後半部では、ストレスチェック実施後のメンタルヘルス施策として何をすべきか、
これまでに得た弊社の知見に基づき、情報をご提供致します。

ストレスチェックをより効果的に実施いただくヒントとなれば幸いです。

開催日時2017/09/08(金) 15:00 ~ 17:00(受付14:30~)
会場名東京メンタルヘルス株式会社 研修室4階
住 所東京都豊島区西池袋2-39-8 ローズベイ池袋ビル4階
受講費無料
講 師当社メンタルヘルスプランナー

プログラム ストレスチェック義務化対策 無料セミナー
[時間] 15:00 ~ 16:00
労働安全衛生法の一部を改正する法律に伴い、2015年12月より、50人以上の事業場に対して、年1回以上ストレスチェックが義務化されます。それまでに、企業のメンタルヘルス対策をどのように進めていくのがいいのか、準備から面接指導及び労働基準監督署への報告書作成まで流れを説明します。 労働安全衛生法改正にあたり、ストレスチェック義務化の制度概要ならびに、企業のメンタルヘルス対策を実務に即した内容で開催いたします。
ストレスチェック後の対応
[時間] 16:00 ~ 17:00
ストレスチェック後のフォロー策として何をすべきか。昨年の実績と経験を活かし、ご説明いたします。

このセミナーに参加を申し込む

【無料セミナー】「ストレスチェックを実施して分かったこと、受検者からのご意見から次回への課題と対策を探る」(盛況裡に終了)

2017年08月21日

昨年、第1回目が実施されたストレスチェック制度。義務化により、やってみたけれど大変苦慮した担当者様も多かったのではないでしょうか。2回目を実施するにあたり、昨年実施して見えてきた課題と対応を考え、よりよい運用と活用を考えていくことも必要かと思われます。

今セミナーでは、講師が所属する、東京メンタルヘルス㈱で請け負った、96の会社・団体、25,849名のストレスチェックの受検者で、自由記述欄に記入をいただいた、3,167件の意見を項目別にまとめ、この意見からみえてきた課題と対応策を考えます。

※同業他社の方につきましては、受講をお断りさせて頂いております。

開催日時2017/09/20(水) 14:00 ~ 15:30(受付13:30~)
会場名東京メンタルヘルス株式会社 研修室4階
住 所東京都豊島区西池袋2-39-8 ローズベイ池袋ビル4階
受講費無料
講 師横島 彰
㈱ソーシャルネットワークス

百貨店人事部にて17年に渡り勤務。人事労務、採用、能力開発、秘書、お客様相談室を担当。企業内研修のインストラクター担当時には、新入社員研修、階層別研修、コミュニケーション研修、クレーム対応研修、ギフトアドバイザー養成研修、派遣社員への入店時マナー研修を担当。
退社後は人事総務部門向けに、新人マナー研修、コミュニケーション研修、クレーム・クレーマー対応研修など企業研修のインストラクターや採用支援を行っている。また、近年は心理カウンセラーとして、企業のメンタルヘルス対策のコンサルタントや各種メンタルヘルス研修、休職・復職者のサポートを行っている。
プログラム
[時間] 14:00 ~ 15:30(受付13:30~)
1.振り返り、ストレスチェック制度とは
2.振り返り、嘱託産業医とのかかわり
3.ストレスチェック実施状況<96の会社・団体(受検者25,849名)の分析結果>
4.ストレスチェックの自由記述欄(3,167件)から受検者のストレスの原因を分析
5.受検者の意見から見えてきた課題とストレスチェック制度を有効に機能させる対策
6.質疑応答

[時間] -
-
-

このセミナーに参加を申し込む