ニュースリリース

TOP >  ニュースリリース

「スクールコンケア」やチャットカウンセリング活用などによる、「いじめ⾃殺・不登校ゼロプロジェクト」の寄付募集開始について

2017年10月16日

特定非営利活動法人東京メンタルヘルス・スクエア(東京都豊島区 代表理事:武藤清栄)は、
いじめの予兆を捉えるアプリ「スクールコンケア」やチャットカウンセリングの活用などによる
「いじめ自殺・不登校ゼロプロジェクト」を推進するため、本日10月16日より寄付の募集を開始します。

※同プロジェクトは、株式会社コンケア(東京都豊島区 代表取締役社長:石田有)、
 東京メンタルヘルス株式会社(東京都豊島区 代表取締役社長:武藤清栄)との共同プロジェクトです。

―― 「いじめ自殺・不登校ゼロプロジェクト」の概要

「いじめ自殺・不登校ゼロプロジェクト」は、
子どもたちへの、教育・見守り・相談の3つの取組みにより、
不登校ゼロ・いじめ自殺ゼロ・卒業後のひきこもりゼロを目指すプロジェクトです。

各取組について、「教育」では、ストレスコントロールなど複数の教育プログラムを実践し、
いじめ発生率の減少とSOS発信率の向上を目指します。

「見守り」では、タブレットアプリ(アプリ名:コンケア)を活用します。
コンケアを通じて、出席と同時にその日の気分マークを記録。出席簿と気分推移グラフを同時生成します。
日々の蓄積データから児童生徒の「気分の落ち込み」を検知すると、
スクールカウンセラーや養護教諭をはじめとした専門家など、事前設定した関係者にメール報知されます。
この「見守り」により、いじめの早期発見・早期対処を実現して参ります。

「相談」では、従来の電話相談や対面相談に加えて、チャット相談(SNSカウンセリング)を新設し、
子どもたちからの悩みに耳を傾け、気持ちに寄り添いながら、いじめ解消などに向けて
カウンセラーと学校で連携します

―― 寄付募集概要

いじめや人間関係のトラブルは、時に深刻化し悪循環に陥ると、不登校やいじめ自殺、
卒業後のひきこもりへと繋がってしまいます。
こうしたトラブルの早期発見・早期解消を実現するために、
私たちは「いじめ自殺・不登校ゼロプロジェクト」を立ち上げました。
このプロジェクトはチームメンバーの無償奉仕で支えられていますが、
学校や教育委員会への活動交通費、研修費、設備費、広報・事務費などで、
年間多額の運営費が必要となります。何卒ご支援の程、よろしくお願い申し上げます。

・寄付募集開始時期:本日10月16日より
・寄付方法:
◆オンライン(右記リンクよりお手続き願います) https://japangiving.jp//campaigns/33653
◆ゆうちょ銀行
銀行番号:9900   支店名:〇一八   口座番号:2909447
口座名義:特定非営利活動法人東京メンタルへルススクエア

◎プレスリリースのPDF版はこちら

【本件 に関するお問い合わせ先】
特定非営利活動法人東京メンタルヘルス・スクエア
〒171-0021 東京都豊島区⻄池袋2-39-8 ローズベイ池袋ビル3階
【Email】office@npo-tms.or.jp 【URL】http://www.npo-tms.or.jp/
【TEL】03-5944-8455 担当︓事業局 武藤、今成

メンタルヘルス通信 No.86のお知らせ

2017年10月12日

メンタルヘルス通信 No.86のお知らせ

今号のメンタルヘルス通信は、連載企画『スマホ依存・ネット依存・ゲーム依存』の第2回、
テーマは「ホントに怖くなってきたネット依存」です。
本稿では、そもそも依存症とは何か? そしてネット依存とは何かについてのポイントをお伝えしています。

メンタルヘルス通信は、イントラネットへの掲載やプリントアウトしての配布など、
従業員の皆様へのメンタルヘルス啓発活動などにご活用ください。

メンタルヘルス通信No.86(PDF)

【無料セミナー】第2回「ストレスチェックを実施して分かったこと、受検者からのご意見から次回への課題と対策を探る」

2017年09月28日

昨年、第1回目が実施されたストレスチェック制度。義務化により、やってみたけれど大変苦慮した担当者様も多かったのではないでしょうか。2回目を実施するにあたり、昨年実施して見えてきた課題と対応を考え、よりよい運用と活用を考えていくことも必要かと思われます。

今セミナーでは、講師が所属する、東京メンタルヘルス㈱で請け負った、96の会社・団体、25,849名のストレスチェックの受検者で、自由記述欄に記入をいただいた、3,167件の意見を項目別にまとめ、この意見からみえてきた課題と対応策を考えます。

※同業他社の方につきましては、受講をお断りさせて頂いております。

メンタルヘルス通信 No.85のお知らせ

2017年09月11日

メンタルヘルス通信 No.85のお知らせ

今号からのメンタルヘルス通信は、
『スマホ依存・ネット依存・ゲーム依存』をテーマに、連載企画にてお届けします。
第1回目となる今号は、「1日でどのくらいスマホ、見てますか?」です。
近年、ネットやスマホへの依存が問題となっていますが、本稿ではその実例をご紹介します。

メンタルヘルス通信は、イントラネットへの掲載やプリントアウトしての配布など、
従業員の皆様へのメンタルヘルス啓発活動などにご活用ください。

メンタルヘルス通信No.85(PDF)

スクールコンケアの紹介記事が、『教育新聞』に掲載されました

2017年09月8日

弊社では、法人・団体向けサービスとして、
「職場のコンディションマネジメントサービス『コンケア』」をご提供しておりますが、
学校・教育機関にてご利用頂けるよう、「スクールコンケア」の試験導入を進めています。

この度、モニタリングでご協力頂いている平方中学校校長の大西様に、
校内での取り組みの様子を、『教育新聞』のコラムにてご紹介頂きました。

記事では、
「いじめや不登校傾向で悩む子供の心を、教師のリアルな観察とともに、
 こうしたICTを活用した客観的データの両面から素早く察知できることは、大変意義がある」
「教職員の出退勤とメンタルヘルスの両方を管理でき、有効であると実感している」
との評価も頂いております。

教育新聞社様コンケアご紹介記事
※出典 『教育新聞』2017年9月7日, 5面「教育実践面」
     記事名:「チーム学校」構築論 ~SNSでつなぐ教育の場~
     ご執筆:埼玉県越谷市立平方中学校校長 大西久雄様(転載許可済)

1 2 3 4 5 6 19

検索する

Copyright © 2017 Tokyo Mentalhealth All rights reserved.

ページトップへ