メンタルヘルス社外(外部)相談窓口、ストレスチェック・ハラスメント相談窓口

TOP >  EAP(従業員支援プログラム)サービス >  社外相談窓口
社外相談窓口

ご都合に応じて相談方法をお選び頂けます。全国100箇所以上の相談機関とも提携!

ご相談者のご都合に合わせて、面接・電話・メールなどの相談方法をご利用頂けるほか、全国100箇所以上の相談機関とも提携。相談内容に関わらず、ご相談者の問題解決を支援いたします。
また当サービスはストレスチェック相談窓口など、目的に応じて幅広くご活用頂けるほか、専門のハラスメント相談窓口サービスもご用意しております。どうぞお気軽にご相談下さい。

相談者ご本人のほか、ご家族様にもご利用いただけます

面接や電話相談や、オンラインコンテンツ等の豊富なサービス

ご利用者様の都合に合わせて、相談することができます。必要に応じて医療機関等の紹介もしています。

携帯電話も使えるフリーコールです。

24時間相談が可能です。

カウンセラーの顔を見ながら相談することができます。

オンラインコンテンツ 家族でストレスチェックを!
専用ホームページから、ストレスチェックや性格診断、セルフケア情報などがご利用いただけます。

オンラインコンテンツ 家族でストレスチェックを!
半期に一度、利用件数や相談テーマをまとめた利用状況報告書を作成します。また相談窓口の利用促進のために各種ツールをご用意しております。

サービス内容もご要望に応じてカスタマイズしますので、お気軽にご相談ください

ハラスメント相談窓口サービスのご利用が増えています

平成29年1月に、改正男女雇用機会均等法および改正育児・介護休業法が施行され、妊娠・出産、育児休業・介護休業に関するハラスメントについて防止措置を講じることが、事業主に新たに義務付けられました。
事業主が講ずべき防止措置のポイントに、「相談に応じ、適切に対応するために必要な体制の整備」が明記され、その具体例として相談窓口の設置が挙げられています。

職場におけるハラスメント問題を未対策のまま放置することは、コンプライアンス違反はもちろんですが、他の従業員の士気低下のほか、企業全体の生産性や社会的信用の低下といった問題に直結する可能性があります。

東京メンタルヘルスでは、ハラスメントに係るリスクマネジメント支援サービスとして、早期発見・対応・解決をサポートする外部相談窓口「ハラスメントサポートネット」を2009年に開設しました。
また、問題解決が難しくなった場合の介入支援サービス(オプション)なども、あわせてご用意しておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。

ハラスメント相談窓口 パワハラ・セクハラ・アカハラ・モラハラ等の相談窓口としてご利用いただけます。

ハラスメント相談窓口

個人情報の取扱いについて

東京メンタルヘルスはプライバシーマークを2005年より取得し、個人情報の厳格な管理に努めています。

メール相談においても、独自フォームを構築し、システム担当責任者のもと、セキュリティのアップデートを常に行っています。

カウンセラーについて

カウンセラーは、臨床心理士、精神保健福祉士、キャリアコンサルタント、シニア産業カウンセラーなどの有資格者で、各分野での経験豊富な人材が多数在籍しております。

その他、様々な用途に応じてご利用頂けます

社外相談窓口を貴社のご要望に合わせてカスタマイズすることも可能です。
特定の対象者・期間に絞って使いたい、コストを少しでも抑えたいなどご相談ください。

短期利用

ストレスチェック後に、リストラ対象者に、
職場事故へのフォローなどに。

カスタマイズ

電話・メールのみ、回数無制限、24時間相談など、貴社のご要望に応じます。

グローバル相談窓口

海外勤務をされている方を対象に、相談窓口を開設することもできます。

リワーク(復職支援)

池袋にあるリワークサポートセンターで、復職支援が受けられます。 リワークについて

お問い合わせについて

03-3986-3220メールフォームご利用のお問い合わせはこちら

こちらもよく読まれています

  • カウンセラー派遣サービス
  • メンタルヘルス研修サービス
  • コンケア(新発想のコンディションマネジメントサービス)
  • サービス

    検索する

    Copyright © 2017 Tokyo Mentalhealth All rights reserved.

    ページトップへ